生理不順でも脱毛予約をうまくとるには

脱毛を予約する際に、ネックとなるのが生理です。生理中はホルモンバランスの乱れによって普段よりも肌が敏感になるため、脱毛の施術を避けるというのが基本となっています。特に全身脱毛の場合にはVIOがふくまれていることもあり、衛生的な理由からも生理中での施術を避けるところは多いです。
しかしそうなりますと、困ってしまうのは生理不順の方ですよね。脱毛は予約の際に2〜3ヶ月先の予約をするのが通常ですが、生理不順の方ですといつ生理がくるのかがわかりません。せっかく予約を入れても直前で生理になってしまって回数を無駄にしてしまうなんてこともありえます。生理不順の方が脱毛予約をうまくとるにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは、キャンセル料が無料のサロンを選びましょう。脱毛サロンではキャンセル料がかかるところもあれば、前日までなら無料で予約変更がきくというところ、まったく無料というところもあります。生理不順の方の場合でも、前日になれば生理の予兆を何かしら感じることもあるでしょう。予約変更がきくサロンを選んでおけば、そうした事態にも対策がとれます。
また、生理中でもデリケートゾーン以外の施術であればOKというところも多いです。基本的には肌が敏感な時期のため、施術は避けたほうがいいのですが、予約がとりにくいサロンの場合には予約変更したくてもなかなか取りにくいということもあるでしょう。その場合には、施術が出来る部分だけでも進めてしまうという選択肢も検討してみてください。ただし、普段から肌が弱い方はできるだけ生理中の施術は避けておきましょう。
参考元:全身脱毛にまるっといくらかかるの?【おすすめサロンを比較してみた】

脱毛クリームってどんな脱毛?

最近では様々な種類の除毛クリームが販売されており、
一昔前に比べ大分入手しやすくなったのではないでしょうか。
除毛クリームは、薬剤を使い毛を溶かす事で除毛を行います。
メリットは手軽で痛くない、コストが比較的安いといったところでしょうか。
しかし、除毛クリームの大半はアルカリ性の薬剤を使用しています。
人間の肌は弱酸性なので、薬剤を使用することにより肌がアルカリ性に近づいてしまい
皮膚や周辺組織へダメージを与えてしまいます。
アルカリ性の物質は人間の肌に大きな影響を与えます。
皮膚が弱かったり、敏感肌だったりした場合、かゆみや赤み、腫れ、
また、傷があった場合には、そこが強い痛みと共に炎症を起こすことも考えられます。
また、注意しなければならないのが、クリームを塗ってからの放置時間です。
多くの毛を処理したいからと、本来商品に設定されている時間を越えて放置してしまうと、
それだけ肌がアルカリ性の影響を受けてしまい、前述した肌トラブルを引き起こしやすく成ってしまいます。
なお、どれだけの時間放置したところで、クリームで毛根まで処理するのは不可能だそうです。
最近では、天然成分やハーブが配合されたものも出てきていますので、
脱毛クリームを使用するときはこのようなものを選択するべきでしょう。
化学成分のものに比べて除毛効果も比較的低いのですが、
肌の状態を優先するとやはり天然成分配合のものを使うのがおすすめです。